2012年5月31日木曜日

新潟県小国町 片貝観光わらび園とロールスロイス


今日は、朝4時に起きて新潟県山形県小国町へワラビを採りに。お世話になっている「こい太郎」の親方、渓流釣りの達人、大工の親分と、その奥さんの計5人。親方にワラビ採りのセットアップを教わり、手袋、前掛けを装備。前掛けは、以前そば打ちの時につかっていたモノ。数年前に仕事で大変お世話になったオンザアースの大西さんに譲っていただいたワッペンと好きなメーカーのアイロンプリントで自己満カスタムしてある。前掛けに付いているこの大きなポケットが重要で、手に持ったワラビが一杯になったら一旦ここに入れておく。そして、この大きなポケットが一杯になったらバックパックに入れる。


バックパックは、親方に借りた40リッターのピンクのグレゴリー。親方は「リュックのロールスロイス、グレゴリー」と3回自慢げに言っていた。「お〜いいっすね〜」と俺も3回答たw


約70名のづんつぁん、ばんつぁんが山へ向かっていく。皆さん年齢は60〜90歳位。和気あいあいとした雰囲気。


途中は、結構な山道。アップダウンを繰り返していくと目の前に開けた風景が!づんつぁん、ばんつぁんが瞬時に戦闘モードに切り替わる。遠くの山が綺麗で天気も最高。親方の後について行くと「この辺あるよ」と。例年の3分の1くらいだと言っていたけど、そこらじゅうワラビだらけ。採りまくり。さすが親方、良いポイントを知っている。前にトシさんとバス釣りに行った時のことを思い出した。「ここに居るよ、ここに落として」と言われ、言われたとおりにやると一発で釣れた。そんな感じ。


前ポケットには、どんどんワラビがたまっていく。


ポケットがたまってきたらバックパックへ。


そして、アラレちゃんと一緒に買ったPatagonia Klean Kanteenがやっと出番。いままで事務所の魔法瓶になってたけど、ココにきて本領発揮。朝4時に冷蔵庫の氷を5〜6コいれた天然水が10時まで溶けずに冷え冷え。非常に助かった。


そして親方。ワラビ以外にも色々採っていた。今日はありがとうございました。40リッターのロールスロイスがほぼ満タンになりました。また連れて行ってください。この後、親方は大河原に帰って仕事へ。仕事も遊びもタフガイな親方。仕事がんばってくださいね!


と、人事に思っていたら、俺も帰ったら仕事になってしまった... (´・ω・`)

[Link]



0 件のコメント:

コメントを投稿